オープンまで、あと16日! 「南島原食堂」の進捗をお届けします。


廃校を利用した食堂、「南島原食堂」が、10月のオープンに向けて少しずつ形づくられています。 木造校舎の趣を残しつつ、新しい木材を使って改装。 訪れた方に気持ち良く食事を楽しんでいただけるように、 部屋の仕切りを取り払って、広々とした空間をつくったりと、やることはたくさん! 地元の職人さんたちも何とかオープンに間に合うようにと、全力で協力してくれています。 



きれいにつくり変えているのは、内装だけではありません。 建物の外では、スタッフや地元の方が一緒になって、校庭の名残りがある広い庭を整備中♪ まだ暑さが残る中、首にタオルを巻いてみんな真剣な顔つきで草むしりです^^ こうしてたくさんの方々が力を合わせて、少しずつですが「食堂」らしくなってきています。 


南島原に、訪れる方を「おかえりなさい」とお迎えする、ホッとくつろげる場所をつくりたい。 そんな想いから、構想がはじまった「南島原食堂」。 たくさんの方が、「また帰ってきたい」と思えるようなお店になれますように・・・ そんなことを祈りつつも、 10月からのオープンに向けて、やることはまだまだたくさんあります! 

南島原食堂

南島原食堂は、長崎県南島原市の山奥にある小さな集落にある小さな廃校跡を利活用した小さな食堂です。 南島原食堂でお出しするお料理は、小さな集落の小さなお母さん達が手作りしている南島原のお袋料理。 南島原食堂は、南島原をはじめとする島原半島内の「おいしい」と「たのしい」、そして「ほっとする」をご提供していきます。