オープンまで、あと5日!「南島原食堂」のプレオープンイベントの様子をお伝えします。

食堂のオープンまで1週間を切った10月2日(日)、 南島原市の松本政博市長や地元の方、メディアの方々を招いた プレオープンイベントを開催しました! まずは、食堂の入り口にロゴマーク入りののれんを掲出し、市長の挨拶。 南島原食堂に込められた想いとともに、オープン宣言をされました。 実際に食堂がオープンした際も、お客さまを最初にお出迎えするのが、この大きなのれんですよ♪ 


宣言が終わり、早速食堂に入ると、100種類のそうめんメニューが掲載されたポスターを前に、 そうめんにもいろいろな食べ方があることを、市長にアピールしていただきました^^ 市長のおすすめそうめん紹介のあとは、16種類のそうめんを少しずつ味わうことができる 「おかえりそうめんセット」の試食タイムです♪ 


運ばれてきたそうめんを見て、思わず市長の笑みがこぼれます。 参加者が見守る中、一つひとつおいしそうに食べられました! 市長が試食された「おかえりそうめんセット」は、お客さまにもお出しするものですので、 味わいはもちろん、見た目の美しさも一緒に楽しんでいただければと思います♪ 


そうめんの試食のあとは、市長に「アンバサダーカード」に署名していただきました♪ アンバサダーカードは、南島原食堂を訪れてご賛同いただいた方に、 食堂の「アンバサダー(大使)」を認定するカードです。 市長には、その記念すべき第1号になっていただきました^^ 今後は食堂に来てくださった方にも、ご署名いただけるようご用意してお待ちしております。 


番外編として・・・ 南島原市のゆるキャラ「ベイガ船長」もプレオープンのお祝いに駆けつけてくれました! 背が高くて、誰よりも目立っていますね^^ 地元の方も記念撮影をされていて、食堂の外も賑わっていました。 プレオープンイベントも盛況に終わり、残すは10月9日(日)の本オープンのみです。 どれくらいのお客さまに来ていただけるかドキドキしていますが、 当日は精いっぱいの「おかえりなさい」でお出迎えします♪ 

南島原食堂

南島原食堂は、長崎県南島原市の山奥にある小さな集落にある小さな廃校跡を利活用した小さな食堂です。 南島原食堂でお出しするお料理は、小さな集落の小さなお母さん達が手作りしている南島原のお袋料理。 南島原食堂は、南島原をはじめとする島原半島内の「おいしい」と「たのしい」、そして「ほっとする」をご提供していきます。